目の正しい知識

2016.09.12

羅漢果(らかんか)茶:目の乾きを改善

現代の日本社会では、どこにいってもエアコンが効いていて、冬は暖かく、夏は涼しくと室内は常に快適な温度に調節されています。しかし、長期間、エアコンの効いた部屋にいるうちに、われわれの体は知らず知らずに変調をきたしてしまいます。

とくに、長時間コンピューターを使って作業している人たちは、よく目の乾きを引き起こします。最近はドライアイという名で知られています。その場合、漢方薬のお茶を飲むと、目の乾きが改善することがあります。

たとえば、前回・前々回に紹介した菊花茶、枸杞子茶にも、そのような効果が期待できますが、今回は目の乾きを改善するもう一つの漢方茶を紹介します。それは羅漢果(ラカンカ)です。 羅漢果はウリ科の多年草つる性植物で、学名をMomordicae grosvenori Swingleといいます。中国特有の植物で、広西省の「桂林」辺りにしか育ちません。羅漢果は清王朝嘉慶年間(1769~1826年)、瑶(ヤオ)族の医師であった『羅漢』の名をとってつけられた植物です。

羅漢は、果実に薬効があることが分かっています。その効果はあらゆる病の予防と治療に効果を発揮する事がわかり、不老長寿の「神果」とまで言われるようになりました。 羅漢果は、清涼感があって甘く、一日、3~6gぐらいをお茶として飲むことにより、二三日後に、目の乾きが改善されます。羅漢果には毒性はなく、肺病の熱や咳、腸の不調、高熱にも良く効きます。消化を助け、解熱、去痰の作用があります。

そのほかにも、肝臓、膵臓に好影響を与え、血圧を正常に戻し、糖尿病にも効果があるとされています。羅漢果の成分は、ビタミンE(トコフェロール)、鉄、リン、マグネシウム、カルシウムなど、現代人に不足しがちなミネラル分を豊富に含んでいます。特に「ビタミンE」と「鉄分」が多く含まれています。
体中を健康にする羅漢果を一度ためしてみてはいかがですか。

眼科専門医 医療法人社団 柴田眼科 TEL:0797-74-8777
眼科専門医 医療法人社団 柴田眼科 TEL:0797-74-8777
店舗紹介 宝塚南口徒歩2分 フォー・ユーコンタクトレンズ 柴田眼科 白内障の日帰り手術
日帰り手術ドットコム

ACCESS

〒665-0011
兵庫県宝塚市南口
2丁目5-30
第三バイオレットビル2F
TEL:0797-74-8777

診療時間

9:00~12:00、
16:00~19:00

休診日

水曜午後・土曜午後・日曜・祝日