ドライアイについて

ドライアイとは

ドライアイとは、目の涙の量が不足したり、涙の質が不安定になり全体に行き渡らなくなり、乾燥し、目の表面が傷ついてしまう病気です。高齢者がなりやすいと言われておりましたが、現在では、パソコン、スマートフォン、エアコン、コンタクトレンズによって、幅広い年代で発症し、日本人では約2,000万人以上ドライアイの症状の方がいると言われております。

ドライアイの症状

  • 目に不快感がある
  • 涙が出る
  • 目が赤い
  • 光をまぶしく感じる
  • 目が重いと感じる
  • 物がかすんで見える
  • 目が疲れやすい
  • 目が乾く
  • 目が痛い
  • 目が痒い
  • 目がゴロゴロする
  • 目やにが出る

ドライアイの原因

  • コンタクトレンズの使用
  • スマートフォンを長時間使っている。
  • パソコンを長時間使っている
  • エアコンを長時間使っている
  • 屈折矯正手術の合併症
  • 夜更かしや睡眠不足
  • 旅行や出張で航空機の利用やホテル宿泊が多い
  • 花粉症
  • 日常的に長時間車の運転をしている
  • 加齢

ドライアイの検査について

視力検査、細隙灯顕微鏡検査、BUT検査、シルマー検査を行いドライアイ以外の疾患がないか、角膜に傷がついていないか、涙の質や量について調べます。

ドライアイの治療方法について

点眼薬による治療

涙と同じ成分を持つ人工涙液や粘性のある点眼薬を使うことで目の水分を保つ効果があります。

例1)ジグアス点眼液(一般名:ジグアホソルナトリウム)
涙の成分であるムチンや水分の分泌を促進して、涙の状態を改善します。
(補足)
しみることがよくありますが、2週間ほど点眼を続けていただくと、ほとんどの場合はしみなくなるようです。

例2)ムコスタ点眼液(一般名:レバミピド)

ムコスタ点眼薬

  • ムチン層の役割 ・・・涙を目にとどまらせるネバネバした粘液層
  • 涙液層の役割 ・・・涙の9割をしめている水の層
  • 油層 ・・・涙の蒸発を防ぐ役割をしている層
  • 点眼薬を使用することで、ムチンが増加してドライアイの症状が軽減します。

涙点プラグを挿入

点眼治療で効果が見込めない場合は、涙が流れ出る涙点を塞ぐ方法です。

涙点プラグを挿入

サプリメント

近年サプリメントでドライアイの症状が軽くなる商品も開発されております。

ドライアイの予防について

パソコンやスマートフォン利用時

意識的にまばたきを増やすようにしましょう。また、長時間使いすぎず、休憩を取るようにしてください。

エアコン利用時

エアコンの風が直接あたらないように、風向を変えたり、物を置くようにしてください。また、加湿を行うように心がけてください。

コンタクトレンズをご利用の方

コンタクトレンズを利用していると目が乾燥しやすくなります。自分に合ったコンタクトレンズを選び、目薬で涙不足を補い、加湿や保湿用眼鏡を利用して予防してください。

眼科専門医 医療法人社団 柴田眼科 TEL:0797-74-8777
眼科専門医 医療法人社団 柴田眼科 TEL:0797-74-8777
店舗紹介 宝塚南口徒歩2分 フォー・ユーコンタクトレンズ 柴田眼科 白内障の日帰り手術
日帰り手術ドットコム

ACCESS

〒665-0011
兵庫県宝塚市南口
2丁目5-30
第三バイオレットビル2F
TEL:0797-74-8777

診療時間

9:00~12:00、
16:00~19:00

休診日

水曜午後・土曜午後・日曜・祝日